年頭挨拶

新年、あけましておめでとうございます。本年も滑川商工会議所青年部をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 さて、我が国で新型コロナウイルス感染症が確認されてから3年が経過している間に、従来の事業開催が難しかったり、働き方やライフスタイルに大きな変化がみられました。                          その中でも青年部活動の歩みを止めず、今できるコトを模索しながら研鑽してきました。

 今年度スローガン「全笑優笑」にはコロナ禍の弊害、希薄になった人と人との絆を再確認したく掲げさせていただきました。             会員間で「全ては優しさと笑顔」の下地がないと、思い切った事業や新しい仲間の勧誘も出来ないのではと。                     コロナ禍の前ではなく、新しいカタチの青年部活動が始まりました。

 終わりに、最後のコロナ禍でも会員同士、笑顔で突き進んで行きます。本年も関係各位、会員家族の皆様に変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、新年のご挨拶といたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おむすび委員会事業 講師講演会「出る杭であろう」

令和4年12月9日(金)にトトンKITCHENにて、おむすび委員会事業 講師講演会「出る杭であろう」を開催しました。
本田大輝氏を講師に迎え激動のコロナ禍において、会社をどのように発展、成長させてきた実体験を基にお話をしていただいた。
そのうえで、講師の本田大輝氏の「コトバ」を大切にする。という信条を感じることができた。
難解な経営戦略を分かり易い コトバ 例え を用いて講演していただき、理解を深めることできた。
RPGゲームに例え魔王を倒す(ミッション) どのように倒す(ヴィジョン) その為にする事(経営戦略)等と分かり易い例えで説明していただいた。
会員達も非常に熱心に本田氏の講演を聞いていて、まさにコトバの力に引き込まれていたように感じることができた。

令和4年度臨時総会を開催

令和4年11月17日(木)に臨時総会を滑川商工会議所にて開催しました。理事会終了後、会員のみでの開催となりました。次年度会長予定者 島 絵利香君の審議を行い、承認を得ました。


11月18日付 北日本新聞朝刊掲載

激アツ委員会 「激アツCUP」を開催

10月30日。秋晴れの下、激アツ委員会による「激アツCUP」が開催されました。
第1部はミラージュランドパークゴルフ場において、委員会対抗パークゴルフ大会。
生涯スポーツであるパークゴルフは未経験の方でも簡単にできるスポーツ。初めての会員も多く、皆さん盛り上がっておりました。
第2部は場所を移動して、東福寺野自然公園バーベキュー場にて「秋の味覚を愉しむバーベキュー」を行いました。龍宮まつりで好評だったイカ焼きや、会員の庭で栽培しているバナナの葉を使って塊肉の蒸し焼き等をいただきました。
また、アトラクションでは「格付けチェック」を行い、カエルの肉や松茸等の高級食材と安価な食材の味覚チェックを楽しみました。バカ舌の方も数名、グルメ舌の方もなかなか多く、さすが青年経済人!!皆さん普段から美味しいものを食べていらっしゃいますね。
コロナ禍でなかなか開催できなかった交流会でしたが、久しぶりに対面で会員同士の交流を図ることができ、楽しい一日になりました。参加された皆様、一日ありがとうございました。

●パークゴルフ結果●
1位 おむすび委員会    2位 総務委員会
3位 激アツ委員会     4位 徒花委員会     DNF 学習委員会

◎おむすび委員会事業「ちょっと結びませんか?〜おむすびの会〜」の開催

令和4年8月11日(木・祝)に滑川市民交流プラザにて、おむすび委員会事業「ちょっと結びませんか?〜おむすびの会〜」を開催しました。近年、問題化されている子供の孤食と資源の再活用に着目し、講演会とこども食堂の2部構成での事業。
 第一部では、滑川YEG会員を対象とした「こども・子育て関連事業について」という題目の講演会を行いました。当日は、滑川市社会福祉協議会より稲垣茂氏をお招きし、日本全体の子供たちを取り巻く環境の変化や富山県・滑川市の子供たちの孤食等の現状について分かりやすくご講演していただき、日頃、ニュースや新聞で耳にする「孤食」「ひとり親」「こども食堂」等について見識を深めることができました。
 第二部では、滑川YEG独自のこども食堂「ちょっと結びませんか?〜おむすびの会〜」を一般向けに開催しました。当日は、たくさんの親子に参加していただき盛大にこども食堂を行うことが出来ました。親子でおむすびをむすび、好きなおかずをYEG会員が専用の弁当箱へ盛り付け、滑川YEG特製のこども弁当を作りました。おむすびをむすぶ体験や特製の弁当を家族で食べることを通して、食の楽しみ等を再認識できる機会を提供できたと感じております。これをきっかけに、少しでも子供の孤食が減少していくことを願いたいです。
 当日は、資源の再活用を目的とした子供服のリユース事業も開催し、着られなくなった子供服を回収いたしました。お持ちいただいた皆さんありがとうございました。
責任を持って寄付の方をしたいと思います。
 本事業を開催するにあたり、滑川市社会福祉協議会よりご後援をいただきました。また、地域福祉活動助成金の交付を受けて事業を無事開催する事が出来ました。関係各位の皆様ありがとうございました。

2022ふるさと龍宮花火大会開催

7月16日(土)に2022ふるさと龍宮花火大会が開催されました。コロナ禍前のように2日間開催が出来ず、イベント規模なども縮小された今年は本来の龍宮祭りの様には叶いませんでしたが、ふるさと龍宮花火大会と名前を変えて行うことができました。
当日は悪天候の時間帯もありましたが、それぞれのイベント等も無事に終える事が出来ました。
3年ぶりに打ち上がる花火を前に来場された方々からも楽しさがとても伝わりました!
来年こそは通常開催へ向けて早くから準備に取り組みたいと思います。我々青年部としても一年の一大イベントを心から楽しみにしております。

【体験型イベント開催案内】

「ちょっと結びませんか?~おむすびの会~」
日 時  令和4年8月11日(木・祝) 10:30~13:00
開催場所 滑川市民交流プラザにて開催
参加費  1名につき10円  先着150名  ※対象は小学生以下です。
担当   おむすび委員会

一人一人がおむすびを握りオリジナル弁当を作ろう!
当日は子供服のリユースプロジェクトも同時に開催
着なくなった子供服を持ってきてもらえれば
当日の参加費が無料!
多数のご参加をお待ちしております!!

※子供服はクリーニング済の綺麗な状態でご持参ください。
 回収後の子供服は原則としてお返し出来ません。

お問い合わせは滑川商工会議所青年部まで

令和4年度 第1回理事会開催

5月19日(木)に会議所にて令和4年度の第1回理事会が開催しました。
年度初めから新入会員の承認などもありとても良い雰囲気でスタートし、また委員会事業の協議案件も上がり活発な理事会になりました。
理事会終了後には2022ふるさと龍宮まつりの企画会議も行われ、本年度は1日開催ではありますが、皆様のご期待に沿えるよう、我々青年部が一つとなり笑顔で盛り上げていきます。
令和4年度は滑川YEGらしく楽しい活発な活動を行っていきたいと思います。

第44回 通常総会 開催

令和4年4月17日(日)、午後4時より滑川商工会議所大会議室において滑川商工会議所青年部第44回通常総会を開催しました。

ご来賓の方々に御臨席賜り、慎重審議の中議案も無事原案通り承認されました。

令和4年度スローガン「全笑優笑 ~この一歩は未来の自分へ~」を掲げ、

会長川口翼を筆頭に滑川商工会議所青年部は新たな1年を笑顔と共に動き出しました。

ご臨席賜りましたご来賓、他単会の皆様ありがとうございました。

ごあいさつ 

ごあいさつ
                              R3年度会長 鈴木克明
平素より当青年部活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
令和3年度はいかなる状況下にも対応し、総会、理事会、各事業を邁進してまいりました。
例年行われる龍宮まつりや市民文化講演会など、取り組めるはずの事業も令和4年度はしっかり取り組める未来が見えてきたとも感じております。
私たちは決断の連続です。何が正しいのかそれぞれの意見は異なっていても、しっかり全員で協議し一つの決断をする。私の掲げたスローガンにある、一人一人の「感情」もこの取り組みにより育てられたかと感じております。
 私の描いた流星群は令和4年度にこの感情を抱き、バトンが渡ります。会長職をさせていただき、おかげさまで私自身いろいろな経験になりました。やった者にしか感じることのできない感情にしっかり触れることができました。
 会員の皆様をはじめ、ご家族、従業員の皆様、そして関係各位の皆様に心より感謝申し上げます。
一年間本当にありがとうございました。

Scroll to top