会長挨拶

 滑川商工会議所青年部とご縁をいただいから早14年を迎え、私はこれまで素晴らしい先輩方や楽しい仲間達と出会いました。様々な青年部事業に参加して共に汗を流し、事業の成功に感動した後や、成果が乏しかった後も楽しい宴を謳歌しながら、沢山の笑顔と愛ある言葉に励まされてきました。

笑って一歩まえ

みんなのために、
そして一人のために。

 ここに平成30年度スローガンを掲げさせていただき、この度、滑川商工会議所青年部会長を拝命しその重責に身が引き締まる思いでございます。昨年度、創立40周年の節目を迎えた滑川商工会議所青年部にとって、本年度は、これまで諸先輩方が常に走り続け、築き上げてこられた伝統の重さを肌で感じながら、40年から先へ、一歩踏み出し、50周年へ向けてその土台作りをしっかりとしていかなければいけない大切な1年となります。そのためには、近年、力を入れて活動しております、会員拡大を目指すことの一環としま して、まずは、新しいスタートを切るこの機会に、今一度、会員同士が繋がりをしっかりと持つため、そして、お互いをもっとよく理解するためにコミュニケーションの輪を広げることが最も大切だと考えています。 スローガンの中にもございます、みんなのためにとは、輪をつくること。そして一人のためにとは、ニーズに応えるということです。輪がしっかりしていなければニーズに応えることはできません。その輪をつくるためには、一人の背中をみんなで一笑懸命支えていくことが大事だと思います。この想いをみんなで共有し、一人ひとりが思いやりを持って笑顔で青年部活 動に取り組み、今後多くの仲間に出会えるきっかけの場として、地域から魅力を持っていただける青年部を創っていきたいと考えています。

 終わりになりますが、この一年間何事も楽しむことを大切にして、笑って一歩まえ へ進んでいきましょう。自分の背中には必ずみんながいることを信じて、これからも地域に必要な青年経済人の団体として進化していけるように関係各位の皆さま、そして諸先輩方の温かいご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いを申し上げ、私の所信表明とさせていただきます。

平成30年度 第41代会長 松下智洋

Scroll to top