◎おむすび委員会事業「ちょっと結びませんか?〜おむすびの会〜」の開催

令和4年8月11日(木・祝)に滑川市民交流プラザにて、おむすび委員会事業「ちょっと結びませんか?〜おむすびの会〜」を開催しました。近年、問題化されている子供の孤食と資源の再活用に着目し、講演会とこども食堂の2部構成での事業。
 第一部では、滑川YEG会員を対象とした「こども・子育て関連事業について」という題目の講演会を行いました。当日は、滑川市社会福祉協議会より稲垣茂氏をお招きし、日本全体の子供たちを取り巻く環境の変化や富山県・滑川市の子供たちの孤食等の現状について分かりやすくご講演していただき、日頃、ニュースや新聞で耳にする「孤食」「ひとり親」「こども食堂」等について見識を深めることができました。
 第二部では、滑川YEG独自のこども食堂「ちょっと結びませんか?〜おむすびの会〜」を一般向けに開催しました。当日は、たくさんの親子に参加していただき盛大にこども食堂を行うことが出来ました。親子でおむすびをむすび、好きなおかずをYEG会員が専用の弁当箱へ盛り付け、滑川YEG特製のこども弁当を作りました。おむすびをむすぶ体験や特製の弁当を家族で食べることを通して、食の楽しみ等を再認識できる機会を提供できたと感じております。これをきっかけに、少しでも子供の孤食が減少していくことを願いたいです。
 当日は、資源の再活用を目的とした子供服のリユース事業も開催し、着られなくなった子供服を回収いたしました。お持ちいただいた皆さんありがとうございました。
責任を持って寄付の方をしたいと思います。
 本事業を開催するにあたり、滑川市社会福祉協議会よりご後援をいただきました。また、地域福祉活動助成金の交付を受けて事業を無事開催する事が出来ました。関係各位の皆様ありがとうございました。

Scroll to top